知っておきたい!ファミリー向け物件の基礎知識

ファミリー向け物件とはどんなものか

ファミリー向け物件とは、家族が住むのに適した間取りや広さのある物件のことで、シングル向けやカップル向けのものより広いのが特徴になります。間取りに関しては、3DKや3LDK、そして4LDKといったものが多く、家族の人数に応じた部屋数の間取りが選ばれていると言えるでしょう。さらに広さに関しては、専有面積が60平方メートル以上という場合が多く、家族で暮らせるだけの十分な広さが必要になります。また、現在の主流となっているのは、3LDKの間取りで70平方メートルの占有面積を持つ物件だと言われているため、これがファミリー向け物件を探す際の一つの目安になると言えるでしょう。

ファミリー向け物件の特徴とは

ファミリー向け物件の特徴としては、まず「駅から少し離れた場所に多い」ということが挙げられます。これは、専有面積が広いことで高くなってしまいがちな販売価格を抑えるためといった理由があると言われており、その分、駐車場が設置されている割合も高くなるというメリットもあります。次の特徴としては、「家族が利用しやすいような設備や施設が充実している場合もある」ということが挙げられます。託児所や、パーティールーム、共同浴場などが設置されている場合があるため、興味があれば、これらの施設についてもチェックしてみるとよいでしょう。ただし、いくら施設が充実していてもそれが上手く活用されていない場合もあるため、ちゃんと有効利用されているかどうかの確認も必要でしょう。

多摩センターの賃貸では、最寄駅から都心方面へダイレクトアクセスが可能なので、通勤や通学などに大変便利です。