賃貸物件探しは計画的に行なう必要があります

駅前の不動産屋には良い部屋が少ない

駅前を見回すと、複数の不動産屋が立ち並んでいることが多いです。一等地に店舗を構えているので、テナントビルならば賃料が高いと予想出来ます。にも関わらず、仲介手数料だけで人件費まで賄うためには、契約件数を多く獲得するか1件の賃貸借契約から多額の利益を搾り取るしかありません。

駅前の不動産屋で紹介される部屋が、複数軒回っても同じ部屋が出て来ることに不思議に思ったことがある人もいるでしょう。不動産屋が受け取る報酬には、法律上規定されている仲介手数料以外にオーナーから広告料名目が家賃数カ月分受け取れる物件があります。オーナーからの広告料が多く出る部屋を優先的に紹介して来る不動産屋では、同じ物件が最初に出てくるわけです。

オーナーとの直接契約が理想です

賃貸借契約を行なう時に、チェーン店では何故か保証人を立てられるにも関わらず、保証会社との契約を強制してくる不動産屋が目立ちます。地元の個人店であれば、保証人を立てた昔ながらの契約が普通に出来ますが、保証会社からのキックバックを受けている不動産屋では、自社利益のために保証会社を強制している現実があるわけです。

オーナー自らが、不動産屋の現状に愛想をつかして自ら入居者を募集する流れが出来ています。オーナーが直接入居者を募集すれば、仲介会社が存在しないので、仲介手数料自体も存在しません。内見もオーナー自らが対応するので、疑問に思う点をその場で質問すればすぐに回答してもらえます。入居前に希望があれば、オーナーと直接相談することが出来るので、家賃を上げる代わりに設備を付けて欲しいといった要望も聞いてもらえることが多いです。

旭川の賃貸の契約時期に迷っていることがあれば、入居までのきめ細やかなサポートをしてくれる業者にお世話になることがコツです。